しまいっぱなしの着物はどうリサイクルする?

シミ抜き・染め直しをして着用

着物が箪笥に眠ったままのご家庭も多いと思いますが、長く保管し続けていると、知らぬ間にシミがついていたり、日焼けや生地の劣化で変色してしまうことがあります。

この様な着物であっても実は、きちんと手を加えることでまた着られるようになります。

クリーニング店のシミ抜きや職人による染め直しをすれば、新品同様の綺麗な状態に近づけられるので、また着用することが可能です。

ただ、状態によっては高額になることもあるので、呉服店で相談するようにしましょう。

ほどいて洋服や小物に変身

いらない着物の生地をほどき、洋服や小物にリメイクすることができます。

裁断してしまうので着物としての価値はなくなりますが、オリジナルのアイテムを作ることでリサイクルができます。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーから、ポーチ、スマホケース、ブックカバー、傘、コースター、バッグ、洋服、ドレスなどアイデアは様々です。

ハンドメイドすることもできますが、洋服やバッグなどのアパレル関連であれば、専門のお店に頼んだ方が良いでしょう。

買取サービスを利用して売却

「シミ抜きや染め直しほどお金をかけたくない」「リメイクするほど愛着はない」「リサイクルしたい着物の枚数が多い」

そんな時は、着物買取サービスでリサイクルするのが便利です。

いらなくなった着物1枚1枚に値段をつけ、売ることが出来ます。

綺麗な状態のもの、証紙つきの着物、作家作品といった着物は高額で買取ってもらえる事もあります。

不用品を現金化することができるので、そのお金で好きなものを買ったり、貯蓄に加算することもできます。

自宅で査定してくれる出張買取や、お店に着物を送る宅配買取などもあるので、手間をかけずに売ることも可能です。

参考:着物や振袖を売る時に使える買取店ランキング

着物の買取って高く売れる?

高く売りたいなら早めに利用

着物はその品質によって買取金額が左右されるため、綺麗な状態を保っている方が高く売れます

基本的に売れるのは正絹の着物になりますが、素材の特性上どうしても弱りやすく、また長く保管するほど虫食いなどに晒される危険も増えます。

着物を高く売るためには、いらないと思った時点でなるべく早く買取ってもらう事が重要です。

お店によっては、最短即日で査定してもらえることもあるので、思い立ったらすぐ行動しましょう。

また、着物買取では着物だけでなく帯や小物なども一緒に売れることがありますので、まとめて売った方がお得です。

素材・柄によって買取金額が変化

昔は「着物=正絹」でしたが、今は化学繊維やウールなどで作られた廉価な着物も多くあります。

基本的に正絹でないと高い金額は見込めず、化学繊維やウールでは買取自体していないというお店も多いものです。

また、洋服ほど早い展開ではありませんが、着物にも流行りがあります。

大体5年前後でその流行が変わると言われており、現代的な柄の場合は早めに売った方が高く買取ってもらえます。

大正~昭和時代に流行したいわゆる「レトロ柄」は、今若い世代に注目を集めているので、売るなら今のうちがお得です。

いつの世代も人気のある古典柄はさほど柄による金額の差はありませんが、生産流通量が多いため、古くなって劣化してしまうと高い金額は見込めません。