いらない着物を換金!簡単に売れる3つの方法

着なくなった着物を処分するなら、少しでもお金に換えたいものです。

ここでは着物を売る3つの方法の紹介と、それぞれの特徴についてお伝えします。

その1.フリマアプリに出品する

最近、幅広い世代で利用者が増えているフリマアプリで、着物を売る事が出来ます。

フリマアプリと言ってもその種類は多様で、メルカリやラクマの様な何でも売れるアプリから、フリルなどのファッション系、ミンネなどのハンドメイド系など、販売できるジャンルが限定されている物もあります。

フリマアプリは自分で値段を設定して売れるので、高く売りたければ高い値段に、安くても良い場合は安い値段にできるというのが一番大きなメリットです。

ただし、フリマアプリを利用するお客さんも、安く購入したいと思っている人が多いので、値段を高くつけすぎると売れない事態が出てきます。

また、出品から発送まで全ての作業を自分で行わなければならないので、着物の写真撮影や商品説明、さらに問い合わせ対応や梱包・発送などの手間がかかります。

さらに、フリマアプリは利用者が多いためたくさんの人の目に留まるというメリットがありますが、逆を言えばそれだけ様々な人が利用しているため、トラブルが絶えないのも事実です。

たとえば、「購入の申請が来たのに支払いが一向にされない」「発送したのに届かないと言われた」などの事例はよくあります。

フリマアプリはどうしても個人間取引になるため、この様な問題が発生しやすくなっており、そのリスクもしっかりと理解したうえで利用するようにしましょう。

その2.オークションに出品する

不要な着物を自分で販売する方法として、フリマアプリ以外にもオークションという手段があります。

フリマアプリの利用者が増加しているとはいえ、やはり規模が大きいのはオークションの方です。

流行に流されないという側面があり、着物の様な年代を問わないジャンルの販売に向いています。

基本的に、出品から発送までをすべて自分でやらなければならないという点は、フリマアプリと同じです。

少々手間がかかるので、やはり時間に余裕のある方が利用されるのに向いています。

フリマアプリとの違いは価格の設定方法で、最低価格を自分で設定し、購入者側が買いたい値段をそれ以上の金額でつけるというやり方です。

さらに、即決価格なども設定でき、自分の決めた金額~最低でも売りたい金額の範囲で売る事が出来るので、フリマアプリに比べて購入者層は広がります。

こちらも個人間取引となるのでトラブルが発生するのは珍しくなく、リスクを理解し、対処できる方が利用するようにしましょう。

その3.着物買取に出す

フリマアプリやオークションと違い、専門のお店に着物を売るのが買取です。

値段はお店の査定員が着物の状態やブランドなどを確認し、買取価格をつけられます。

プロの視点が入るので、自分の希望通りの金額で売れるとは限りませんが、需要に見合った適正な価格で売れるというメリットもあります。

また、取引相手は企業となるので、個人間取引の様なトラブルが少ないのも買取の良い所です。

金額に納得できなければ断ることもできますし、訪問買取であればクーリングオフ制度の対象となるので、成約後にキャンセルすることも可能です。

また、出品等の手間もかかりませんし、宅配買取を利用すれば段ボールに詰めて送るだけなので、待ち時間なども発生しません。