着物長持ちさせる保管のコツは?

桐箪笥に収納する

着物を保管するのに最も適切な収納場所は、桐箪笥と言われています。

着物は湿気に非常に弱く、湿気が多い所に置いておくとカビが生えて着物を傷める原因になります。

元々日本の気候は多湿なためカビが生えやすく、着物の保管場所に頭を悩ませる人は少なくありません。

そんな時に役立つのが桐の性質を生かした「桐箪笥」です。

桐箪笥は、湿度が高いと桐が膨張して湿気が箪笥の中に侵入することを防ぎ、湿度が低くなると桐は湿気を放出して収縮します。

桐箪笥が梅雨時などの湿気が多い時に開きにくくなるのはこの性質が関係しています。

桐箪笥には、自動的に箪笥内の温度を一定に保ちカビの発生を防ぐ性質があるので、湿気に弱い着物を保管しておくには最適の場所と言えます。

湿度調整以外にも、桐には虫が付きにくい・燃えにくいなどの性質もある為、着物を持っている人は好んで桐箪笥を使用している人が多いです。

防虫剤は忘れずに入れる

虫が付きにくい性質を持つ桐箪笥に着物を保管しておいても、完全に虫食いを避けられるわけではありません。

着物を収納するなら防虫剤は忘れずに保管場所に入れて置くようにしましょう。

防虫剤を入れる際には、着物には直接触れないように箪笥の四隅に入れるようにして下さい。

防虫剤にはパラジクロロベンゼン系、ナフタリン、和服しょうのう、ピレスロイド系など様々な種類があります。

どの防虫剤を使っても問題はありませんが、防虫剤には金・銀を変色させてしまう物もあるため、着物の刺繍で金箔・金糸・銀糸などが使用されている場合にはピレスロイド系の防虫剤がオススメです。

また、異なる種類の防虫剤をまとめて使用すると防虫剤が融けてシミを作ってしまう可能性もあるので、防虫剤を追加する場合には同じ種類の物を使うようにして下さい。

タトウ紙に包んで保管する

別名「文庫紙」とも呼ばれるタトウ紙は、厚手の紙を畳んで中に着物を収納できるようにした保存袋のような存在です。

着物だけをそのまま箪笥などに保管しておくより一度タトウ紙で包むことによって埃やチリ、日焼けなどから着物を守れる他、移動させる時にもシワができにくくなります。

紙質上、通気性・吸収性に優れているため、着物の大敵である湿気・カビを防ぐ役割も果たしています

湿気などを吸い込んだタトウ紙は、段々と茶色い斑点模様のようなシミが浮き出て来ます

タトウ紙がシミで汚れていることに気付いたら、タトウ紙を取り換えるようにしましょう。

そのままにしておくと着物にシミが移ってしまうため、タトウ紙を定期的に新しい物に代えることは大切です。

桐箪笥がなければ他の物でも代用は可能

クローゼット

桐箪笥や和箪笥が無い場合には、クローゼットに収納することもできます。

着物ハンガーなどにかけて置いておくよりも、タトウ紙に包んで湿気が溜まりにくいクローゼットの上段に置いておくのがオススメです。

クローゼットに収納する前には風通しの良い場所に干して湿気を飛ばすことも忘れないようにしまよう。

プラスチック収納ケース

今では安価で大き目のプラスチック収納ケースが手に入る為、桐箪笥が無い人の中には収納ケースで代用している人もいます。

タトウ紙や虫干しパックなどに入れてから収納するようにしましょう。

収納ケースは高温多湿な場所や日光が直接当たるところは避け、風通しが良い場所に置くようにして下さい。