着物にとって虫干しは大切なお手入れ

虫干しの必要性

虫干しは、干すことによって虫食いから着物を守るお手入れ方法の1つです。

虫干しを習慣化することによって虫食いの予防以外にも、着用時には気付かなかった汚れの発見や着物の傷み具合の確認になります。

着物にとって虫干しはとても重要な作業ですが干した後に畳んで収納することを億劫に感じる人も多く、虫干しの代行サービスを利用する人もいます。

虫干しに適した時間帯

着物の虫干しには、適切な時間帯と時期があります。

虫干しは2~3日晴天が続いた日に行い、時間帯は午前10~午後3時が一番適しています。

夕方になると空気中の湿気が多くなってくるので、着物は干したままにはせず午後3時を過ぎたら忘れずに取り込むようにして下さい。

せっかく虫干しをしても、湿気の多い時間帯に放置しておくと逆効果になってしまうため注意が必要です。

虫干しをするのにオススメの時期は?

湿気を飛ばすための土用干し

着物を虫干しするなら年に3回決まった期間に干すことをオススメします。

まずは「土用干し」と呼ばれる7月下旬~8月下旬の梅雨が終わった時期です。

梅雨の時期に含んだ湿気を土用干しによって除湿する必要がありますが、台風の直後などは天気が良いように思えても空気中に湿気が含まれているため避けた方が良いです。

当日の天気だけでなく、2~3日前の天気も気にする必要があります。

一番着物が干しやすい虫干し

10月下旬~11月下旬に行われるのがよく耳にする「虫干し」です。

この時期はカラッとした気候で晴天が続くことが多いので、比較的に着物が干しやすいです。

これから冬物着物を着る時期にもなるので、点検も兼ねてこの時期には必ず虫干しをするようにしましょう。

着物に風を通す寒干し

1月下旬~2月下旬の寒い時期に行われるのが「寒干し」です。

乾燥している時期なので、土用干しの時期に比べて着物が干しやすく、風を通して乾燥させるのに非常に適しています。

寒干しする場合には最も気温の低い2月に合わせて着物を干す人も多いようです。

正しい虫干しの方法は?

1.着物を干す

着物の量が多い場合にはまとめて行わずに、引き出し一段ずつに分けて作業をするようにしましょう。

まずは着物をタトウ紙から取り出し、ハンガーにかけて風通しの良い場所に干します。

ハンガーは長時間干す予定でなければ着物用の物でなくても問題ありません。

日光が直接あたると日焼けをして着物が傷む原因になるので、干す場所には十分な注意が必要です。

2.ブラッシングをする

虫干ししている間に付いてしまったホコリやチリを取るために、軽くブラッシングをします。

着物専用のブラシを持っていない場合にはハンカチなどの柔らかい布を使って軽く叩くだけでも効果があるのでオススメです。

ブラッシングしながら着物に虫食いの穴が無いかも確認しましょう。

3.着物の点検をする

ブラッシングをした時に見落としたシミやカビが無いか確認をします。

カビがあった場合には、同じ場所に保管してある着物に広がってしまう可能性があるので、元の場所には戻さずに隔離するようにして下さい。

着物に異常があった場合には、早めの処置が必要になるので自分で洗濯したりはせずに、専門家の元へ持っていくようにしましょう。

4.着物を収納する

普段収納場所に箪笥を使っている場合には乾拭きをして風を通しておきましょう

収納場所に入れてある防虫剤も効果が弱まっていないか確認して、新しい物に取り替えます。

収納場所の状態を確認したら、着物は再びタトウ紙に入れて綺麗に畳んで保管します。

タトウ紙も変色している場合や斑点が出て来た時には取り換えるタイミングなので、新しい物を使うようにしましょう。